場合によっては男性にも治療が求められる可能性がある不妊治療について

不妊治療という言葉を目にすると、多くの方が、主に女性に対して行われる治療という認識を持ってらっしゃるのではないでしょうか。確かに、不妊に対しての治療が行われる場合、ほぼ全てのケースでまず、女性に対してのカウンセリングや検査などが実施されています。

この理由として挙げられるのが、主に女性の方が妊娠や出産に対しての非常に積極的である事を初め、時間的な都合も合ってか、女性が不妊を心配して来院するというケースが多いためと言われています。
もっとも、不妊という症状に関しては、何も女性だけが原因となるわけではありません。
場合によっては、男性が不妊症状の原因となる場合が少なくなく、不妊治療も女性に対してだけでは無く、男性に対しても実際に行われるケースが挙げられます。

男性に対して不妊治療が求められるケースとしては、先天的な症状を持っている事に加えて、後天的な症状による原因も理由として挙げられます。
例えば、産まれ持った状態で、精巣に何らかの障害があり、その結果、妊娠に必要な量の精子を作り出すことが出来ない方の場合、不妊の原因となってしまう事があります。
また、先天的な産まれ持った理由とは別に、出産後に起こる様々な事情によって不妊の原因を患ってしまう場合もあります。代表的な例として挙げられるのが、おたふく風邪などの症状です。
原則として、おたふく風邪は子供のうちに罹る病気だと思われがちですが、極稀に、大人になってからおたふく風邪を発症する場合あります。
特に、男性でおたふく風邪を幼少期に発症せず、大人になってから発症してしまった場合、このおたふく風邪の症状と原因ウィルスの影響によって、精巣がもつ精子を作り出す機能に深刻なダメージを与えてしまいます。

結果として、精子を作り出す能力が欠如してしまう事によって妊娠に最低限必要となる精子さえ確保することが出来ない、いわゆる無精子病などの症状へと至ってしまいます。
また、無精子病以外にも、精子を製造する機能が働いていながらも、その機能自体が非常に弱くなっていることから、産み出される精子が元々からとてもひ弱な状態になってしまっているため、妊娠に至るまでの行程に耐えることの出来ない弱々しい物となってしまう精子減少症や精子死滅症、また、精子は過剰すぎても妊娠に支障を来すと言われており、これを精子過剰症といいます。

これらの症状が原因となってしまい、女性の身体には全く原因が内も関わらず、妊娠することが出来ない不妊という症状に陥ってしまう可能性があります。