不妊症かどうかの確認や、不妊症と診断された場合の治療を行なうに際して最も大切となるのが、自分に合った優れた病院やクリニックを選ぶことです。
女性の場合は不妊治療で通うことになる病院やクリニックは、婦人科か産婦人科となります。
婦人科や産婦人科と一口に言っても広く、様々な専門分野があり医師によって大学での専攻分野が違っていることもあり、これが不妊治療を得意とする医師と不得意の医師が存在する要因の一つにもなっています。
不得意とする医師に担当してもらった場合は、クロミフェンクエン酸塩を成分とする排卵誘発剤を安易に処方したりと、不適切な治療を行なったりといった事もあり得ます。
そのため不妊症の治療にあたってはできるだけ、治療を得意とする医師がいる病院やクリニックを見つけることが第一となります。
例えば不妊症の治療は婦人科基礎研究に属するため、この分野を専攻していた医師は比較的治療を得意とする人が多くいます。
そのため診断や治療において事前に医師の経歴から専攻を知っておくのも通院にあたって理想です。
また不妊専門クリニックと呼ばれる医院もあり、不妊に関する診察、治療を専門としている医院もあるため、そういったクリニックを利用することも出来ます。
不妊専門クリニックに通うメリットとしては不妊に関する専門の医院のため気兼ねなく通える点、医師が不妊症の専門家のため、検査や診断、治療までの一連の流れが早く一般的に時間のかかる不妊症判別から治療までの時間を短縮しやすい点、またそれによって妊娠という結果に至るまでの日時も短縮できるという点があります。
またカウンセリングに関しても、一般の婦人科や産婦人科のように多くの患者を医師が担当することが少なく、患者一人ずつに対応してもらえるため、長時間の相談がしやすいというのも不妊専門クリニックに通うメリットです。
婦人科、産婦人科、不妊専門クリニックの何れにおいても不妊症の治療に関する名医と呼ばれる医師が多くいます。
いわゆる妊娠率が高い医師で、遠方から通う人も多いため人気があり、中々診療日を設けられないといったケースもありますが、不妊の治療に関する第一人者として多くの実績を持つ医師が多いため、そういった医師のいる医療機関を選ぶのも一つの選び方です。
また通院を続ける上で、医師との相性がどうしてもあるため、合わないと感じた場合は無理をせず病院を変えることも決して悪いことではありません。
良い信頼関係を医師と築くのは、不妊治療においてとても大事なことで、これは先述の名医であっても同様です。